FC2ブログ

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■やっぱりお久しぶりです。

skさんは被災したら大変そうですね。性欲的に。
避難所でオナニーなんてできないでしょうし。


地震が起きようともオナニーだけはやめられない・・・。S.Kさんはどうよ?

俺「d(^q^)b 人生はオナニーだ!」

弟「(。∀゚) そんな屑みたいな人生はお前だけだ!」

俺「(^q^) でも被災しようとも、オナニーは大事だよね。避難所では出来ない? そんな事は無いさ、何せそこには大量の幼女が……」


    ___不謹慎すぎるだろ……!!
    /    \       ___
  /ノし   u;  \   ;/(>)^ ヽ\; 調子に乗っておりました……
  | ⌒        ) ;/  (_  (<) \;  
  |   、       );/   /rェヾ__)⌒:::  ヾ;
  |  ^       | i   `⌒´-'´  u;  ノ;;
  |          | \ヽ 、  ,     /;
  |  ;j        |/ \-^^n ∠   ヾ、
  \       / ! 、 / ̄~ノ __/ i;
  /      ⌒ヽ ヽ二)  /(⌒    ノ
 /       r、 \ /  ./   ̄ ̄ ̄/


俺「(^q^) しかし今後も計画停電が続くとなると、本格的に夏がヤバイよね」

弟「(^q^) 一番暑い、最もクーラーを使いたい時間こそが電力消費量の大きい時だろうから、そこで停電されちゃうと灼熱地獄なんじゃないのかね?」

俺「(^q^) そこで亜美真美ですよwwwレッスン場で飛び散る汗。受け止める俺。歓喜の顔」

弟「(。∀゚) うるさいよwwwそれは本家ブログで語っただろうがwww」

俺「(゚Д゚) たった一行で何を語ったことになるのだね? 今回はこの点について詳しく検討してみたい」

弟「(。∀゚) 誰が求めてるんだよそんなモノwww」


亜美真美の鎖骨の窪みに溜まった汗のペロペロだけは譲れない(キリッ


弟「(。∀゚) 既に反応があったのか……」

俺「(^q^) というわけで亜美真美ペロペロ!」



「ねぇ、兄ちゃん」

「何だ」

「電気止まってから2時間もたってるんだけど、いつになったらスイッチ入るの?」

「そうだなぁ、電力会社に聞いてみないと分からんなぁ。予定では3時間程度のはずなんだが」

「あと1時間もあるの?! もう亜美耐えらんないよー!」

「真美だってもう限界だよー!」

「そう騒ぐなって」

「誰のせいだと思ってんのさ! 地下のレッスン場で電気止まって、自動ドアまでロックされちゃったんだよ! 何でこんな時間に予約を取ったの!」

「いやぁ、予約表が空いてたから思わず入れてしまったんだが、まさか停電の時間だとは思わず……」

「おかげで2時間、電気はつかないし、ボイスレッスン場だから空気はこもって暑いし、体中汗でヌルヌルだし、もう兄ちゃんのバカー!」

「あー、暑くてもうダメ。真美脱いじゃう!」

「亜美も脱ぐ!」

「おいおい、俺がいるってのにそれは……」

「別にいいよ。兄ちゃんになら見られたって」

「そうか、それならおk。ただし股間はギンギンである

「何か言った?」

「何も」

「ふー、やっと脱げた。シャツが汗でぐっしょりだよー」

「真美のも汗でめっちゃ重くなってる」

「それは洗濯に出しておくから俺が預かるよ」

「うん、お願いね、兄ちゃん」

「はい、兄ちゃん。変なことに使わないでよ?」

「そんなことするかっての。…………あ、あれは何だ?!」

「え、何?」

「どこどこ?」

「と、二人が向こうを向いている隙に……!」

「なーんちゃって、亜美がそんなのに引っかかるわけが……あーっ! 兄ちゃんが亜美たちのシャツを絞って汗を口に流し込んでるー!」

「しかもその後、シャツを顔にぐるぐる巻きにして深呼吸してるー!」

「なぜバレたんだ……!」

「兄ちゃん、いくらなんでもそれは変態過ぎるよー」

「そうだよ、兄ちゃんがシャワー室で真美たちのパンツをこっそり嗅いでたのは知ってたけど、それはちょっと……」

「そこまで知ってたのか……というかパンツはおkなのか……」

「全く兄ちゃんは……うっ」

「どうしたの、亜美?」

「おトイレ行きたい……」

「そう言われると真美も……トイレ行きたい」

「そう言われてもドアはロックされてるから開かないぞ?」

「だから焦ってるんだよっ。どうしよう真美、このままじゃ漏れちゃうよー!」

「そうだ! 兄ちゃん、そのシャツ返して!」

「え、せっかく二人の素晴らしい香りを楽しんでいるというのに……」

「まだ巻きつけてたの?! 早く返して!」

「それでどうすんの、真美?」

「このシャツに染みこませようよ」

「えーっ、ここでするのー?!」

「だってしょうがないっしょ、トイレにも行けないし、他に溜めておけるものなんてペットボトルぐらいしかないし」

「ペットボトルはちょっとやりづらいかも……」

「だからシャツに出すしかないの! どうせ洗濯するんだから大丈夫だって」

「うぅっ、しょうがないか……兄ちゃん、絶対こっち見ないでね!」

「良く聞こえなかったが何をするんだ? パンツを下ろしてシャツを股間にあてがい、大量の尿を染み込ませるとでもいうのか?」

「ギャー! 全部わかってるんなら解説しないでよー!」

「兄ちゃんのバカー! わ、も、漏れる……!」

…………。

「ふぅー、間に合った……」

「あーあ、シャツがますます重くなっちゃったよ……」

「ようやく終わったか。ちゃんと拭いておくんだぞ?」

「わーっ! 何で真正面からかぶりつきで見てるのー?!」

「いや、二人とも夢中で放尿してたから」

「うー、こんなとこ見られるなんて、お嫁に行けなくなっちゃうよ……」

「大丈夫、俺が二人とも貰うから」

「こんな状況で告白されても嬉しくないよ!」

「じゃあそれは俺が預かって洗濯に出しておくよ」

「うん、お願い」

「変なことに使わないでよ?」

「しないってのに」

「もうさっきみたいな引っ掛けなんてしな……わーっ! 堂々と絞って飲んでるーっ!」

「そしてまたぐるぐる巻きにして深呼吸ー!」

「うーん、二人とも濃厚な味で……」

「解説禁止ー!」

「兄ちゃんのバカー!」

「それはそうと、向こうでやよいと伊織は何をしてるんだ……?」

「え、やよいっちといおりんいたの?!」



「うー、伊織ちゃん、汚いからそんなのしなくていいれすぅ……」

「ダメよ、やよい。あせもになっちゃうでしょ? だから私が全身舐めて汗を綺麗に拭きとってあげるから、ね? ほぉらペロペロ……」

「やーん、くすぐったいー」


    ___だから伊織を変態設定にするなと……!!
    /    \       ___
  /ノし   u;  \   ;/(>)^ ヽ\;   ジョーク、ジョーク。
  | ⌒        ) ;/  (_  (<) \;   アメリカンジョーク。
  |   、       );/   /rェヾ__)⌒:::  ヾ;
  |  ^       | i   `⌒´-'´  u;  ノ;;
  |          | \ヽ 、  ,     /;
  |  ;j        |/ \-^^n ∠   ヾ、
  \       / ! 、 / ̄~ノ __/ i;
  /      ⌒ヽ ヽ二)  /(⌒    ノ
 /       r、 \ /  ./   ̄ ̄ ̄/





まんまやないかweb拍手。


黄金時代と言ったらE-LogiNだろ常考web拍手。

うちの凛子と違うweb拍手。

何て言うのかなぁ、凛子は締め付けがキツくてね…… .';・(゚ε´(┗┐ヽ(゚Д゚#)ノ うるさい黙れ


http://burusoku-vip.com/archives/1478093.html
どうすんの


俺「( ゚Д゚ ) ギンギンに怒張した陰茎を堂々と見せつけたいと思いますです!」

弟「(。∀゚) 少しは伏字にする努力をしろ!!!」
スポンサーサイト
[PR]

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール



(^q^)TGSSはまだまだ
終わりません
まともな方のブログもよろすこ。

カウンター


since 2009/10/28
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。